住宅ローンの基礎知識


住宅ローンを組む際に、いくつかのポイントがあります。まず一つ目は、現在の生活費に意識が偏らないようにすることです。長期のローンになるので、将来の自分の収入面、教育費、お金の使い方などもある程度予測する必要があります。夫婦共働きの場合でも、出産前後に伴う休暇や休職の間は世帯収入に影響します。入居後も固定資産税が必要になることも忘れてはいけません。
二つ目のポイントは、ローンの組み方です。返済期間は可能な限り短くした方が良いです。また、最終返済日を退職後にする場合には年金内での支出も考慮して、退職後の返済が余裕を持ってできるよう、繰り上げ返済を利用するのが堅実です。返済額の目安は一般に、年収の25%以内と言われています。。
住宅ローン借り換えランキング

関連記事


カードローンやキャッシングと法律のこと

80年後半頃から、カード破産が、マスメディアで取り上げられるようになりました。主に、学生を若者が、クレジットカードを気軽に手にできるようになり、利用し過ぎにより...


AX